nifty 音楽総合サイト MOOCS

カレンダー

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

トップページ | 2008年8月 »

2008年7月31日 (木)

響カノンと天出臼夫がどうなるかっていうと。

たぶんカノンは常に好きなんですよ、所長(天出臼夫)が★
だって所長が好きじゃなきゃあの探偵事務所にゃいないでしょう(笑)!
っていうところがあるので、
あの閃いたときの所長とか、
謎をすらっと解いて行く姿が好きなんだろうなあ~、
って思うんですよ♪o(^-^)o♪
ドラマでも回を重ねてきてかなり仲良くなってきてる感じしますしね~。

※8月1日 (金)BShi 午後7時00分
  ドボルザーク 交響曲第9番「新世界から」

2008年 7月 31日 | | コメント (9) | トラックバック (0)

2008年7月28日 (月)

ホントにこんな事務所がありそう!

どうですかぁー!!
ホントに名曲探偵事務所があるんじゃないの?
って思っちゃいそうなセットでしょ★
すごいリアル!

Set02

2008年 7月 28日 事務所お見せします | | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年7月25日 (金)

「名曲探偵アマデウス」という番組について

この番組のカタチってすごい新しいじゃないですか。
ただお勉強する、お勉強のドラマ仕立てでもないし、
教育番組でもなくて、混じってるじゃないですか。
ドラマのところと教育のところがすごい混ざってて、
ホント新しい感じの番組ですよね!
私も4歳から12歳までピアノ習ってたり、
歌手デビューしたこともあったりして(ё_ё)
音楽はもう毎日自分の身近にあるんです。
なので、この番組のお話をいただいたときは、
あっコレおもしろそうだな、って思ったんです。
元々ワタシ何に対してもガツガツ意欲的に行く方なんで└|∵|┐♪┌|∵|┘
え"っな"にコレ、とか最初から思うよりは、
これどんなんなんだろう?
ってそっちに興味がわく方なんです!

※7月26日(土)BShi 午後0時45分
  「ラフマニノフ“ピアノ協奏曲 第2番”〜神の手を持つ男〜」

2008年 7月 25日 | | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年7月21日 (月)

響カノンとワタシ。

ワタシ、自分でクラシックのCD買ったり、
コンサート行ったりとか、
そういうことはないんですよ(>_<)
番組の中で私が演じている「響カノン」も、
そんなにクラシックに詳しい訳じゃないんです。
なので私も、撮影に入る前に、
そんな勉強とか特にしないで、
毎回感じ取って、ナルホド!
っていうのをリアルにできるようにしてます!
最初、スタッフの皆さんといろいろ話していて、
ワタシとしては響カノンはこう(-_☆)!
っていうのがあったんですけど、
他のひと的には、食い違う部分とか出てきて、
その方向性というか、ぴったりさせるのが難しかったんですけど、
なのでいろいろチャレンジしながら決めたんですけど、
一番こうじゃなきゃ!って思う部分は、
例えば曲がスゴいクラくて静かな曲を取り上げた時に、
ドラマ部分もクラくなっちゃうと、
もう全部がクラくなっちゃうんで('~`)、
筧さん(天出臼夫役)はいつも筧さんのペースでバシっと決めて、
私の響カノンは、いつも明るくなくちゃ、
少なくとも視聴者の皆さんと同じくらいの気持ちになりたいな、
って思ったんです。
もちろんすっごい音楽詳しい人からしたら、
ワタシとは共感できないのかもしれないですけど、
メチャクチャ詳しくないんですけど興味はある、
っていうひとたちと同じ目線になれたらな、って思って。
ただ明るくしなきゃ、ってだけだとうまくいかないんで、
ホントに良かったですね~って思ったりとか、
いつもコドモのように興味もったりとか、素直に喜んだりとか、
できるだけ正直に感情を表現できるようにしてるんです('◇')!

※7月22日(火)BShi 午前8時00分
  「ラフマニノフ“ピアノ協奏曲 第2番”〜神の手を持つ男〜」

  7月25日(金)BShi 午後7時00分
  「ブラームス“交響曲 第4番”〜愛妻はどこへ消えた?〜」

2008年 7月 21日 | | コメント (9) | トラックバック (0)

2008年7月19日 (土)

番組でとりあげる曲について

そもそも音楽が好きなんで、知らないクラシックの曲でも、
どんな曲なんだろう?って興味はあるんですよね。
自分で出演してるから、
ってこともあるかもしれないんですけど、
テレビの画面を観るより、音楽聴いちゃう方なんです。
クラシックって、歌詞に意味があるっていうのと違って、
音そのものに意味があって、スゴい深い感じするし、
あと長いじゃないですか(≧ο≦)!1曲が!
J-POPなんかより全然長いんで、
そういうのがどんなイキサツで作曲されたのかって分かると、
その中にひとの感情の起伏とかが、どんなふうに表されている、
っていうのがだんだん分かってきて、
それがスゴい面白いな!って思ったんですっ◎

2008年 7月 19日 | | コメント (12) | トラックバック (0)

2008年7月14日 (月)

クラシック音楽について

ワタシいまどきの曲あんまり知らないんで、
クラシック意外に好きなんですよ。
好きっていっても、聴いたことあるけど名前とか、
詳しいことはあんまり知らなかったりするんですけどね。
普段聴くのは、ハウスか、
カフェラウンジ系のやつなんですよ、ジャズとか。
だからどちらかというとクラシック寄りになると思うんですけど、
えっ違います(*_*)?だって歌ないし、似てるじゃないですか!!
なんで、もともとクラシックってほとんど知らなかったんですけど、
番組の第1話で「ボレロ(ラヴェル作曲)」をやったじゃないですか。
あれをやって、謎を解いて行くうちに、
曲の深さが分かっちゃって♪o(^-^)o♪
台本もらって読む前に曲も聴いてみるんですけど、
読んだ後、詳しいことがわかってから、もう一回聴いてみると、
やっぱ全然違って聴こえるんですよ!
それが面白くて、もういまは撮影しながら勉強になっちゃってる、
って感じです☆ いまは★★!

2008年 7月 14日 | | コメント (23) | トラックバック (0)

事務所の写真撮ってます

この番組のセットってちょっとヘンというか、
よく分からないものがあちこちに置いてあったりして、
面白いんですよ!でも意外に(⌒‐⌒)おしゃれですよね☆

Set01

2008年 7月 14日 事務所お見せします | | トラックバック (0)

講談社現代新書:ベートーヴェンの交響曲

講談社現代新書 ベートーヴェンの交響曲

著者:金聖響
著者:玉木正之

発行年月日:2007/11/20
サイズ:新書判
ページ数:269
ISBN:978-4-06-287915-6
定価(税込):798円

内容紹介

第1番にして「革命的」、5番は「完全無欠な構築物」、
7番は「狂乱の舞踏のリズム」……。
九つの交響曲はみな個性的。
深く知れば知るほど、クラシックの虜になってしまうはず!

目次

第1番 ハ長調 作品21 「喜びにあふれた幕開け」
第2番 ニ長調 作品36 「絶望を乗り越えた大傑作」
第3番 変ホ長調 作品55 『英雄』「新時代を切り拓いた『英雄』」
第4番 変ロ長調 作品60「素晴らしいリズム感と躍動感」
第5番 ハ短調 作品67 「完璧に構築された究極の構造物」
第6番 へ長調 作品68 『田園』「地上に舞い降りた天国」
第7番 イ長調 作品92 「百人百様に感動した、狂乱の舞踏」
第8番 へ長調 作品93 「ベートーヴェン本人が最も愛した楽曲」

2008年 7月 14日 クラシック耳より情報 | | トラックバック (0)

ブログ開設のご挨拶

みなさん、こんにちは!
天出臼夫の助手、響カノン役の黒川芽以です。
名曲探偵って何ですか?って最初みなさん思いますよね!?
もうこの番組を観ていただいてる方はよ〜くお分かりと思いますけど、
クラシック音楽の謎を解き明かすことで事件を解決する探偵、
それが名曲探偵なんですよっ♪♪
まだよく分からない!そんなあなたは、
まずこれからしばらくこのブログを見に来て下さい!
それでNHKで放送されている「名曲探偵アマデウス」を観て下さい!
ということで、皆さんよろしくお願いしますっ≡(/ ^^)/

2008年 7月 14日 ブログ開設のご挨拶 | | トラックバック (0)

クラシック耳より情報

名曲探偵おすすめクラシック情報をお届けします!

2008年 7月 14日 クラシック耳より情報 | | トラックバック (0)

「名曲探偵アマデウス」情報

NHK「名曲探偵アマデウス」放送予定

名曲探偵アマデウス「アマデウス・セレクション」は終了しました。
永らくご愛顧ありがとうございました。

2008年 7月 14日 「名曲探偵アマデウス」情報 | | トラックバック (0)

名曲探偵とは?

クラシック音楽は豊かで美しいもの。
しかし、だからこそ、
時々ひとびとに深い謎を投げかけることもある。
天出臼夫探偵事務所は、
クラシック音楽の神髄に迫り、
名曲の数々に秘められた謎を解き明かすことで、
みなさんが抱えるトラブルから救い出します!

2008年 7月 14日 「名曲探偵」とは | | トラックバック (0)

このブログについて

このブログは、
NHK番組「名曲探偵アマデウス」の企画ブログとして、
NHKエンタープライズとニフティが共同運営しています。
2006年、モーツアルトイヤーにお送りしてご好評をいただいた、
アマデウス・ブログ」と同様、
番組に関連した情報を提供いたします。
どうぞお楽しみください。

※当初の企画と内容を変更してお送りしています。
 ご了承ください。

2008年 7月 14日 このブログについて | | トラックバック (0)



Copyright(C)2008 NHK ENTERPRISES All Rights Reserved.